よく生き よく笑い よき死と出会う

2013年10月25日 (金) 21:31

 

 

アルフォンス・デーケン著、「よく生き よく笑い よき死と出会う 」を読みました。

 

身近で大切な人を亡くしたり、自分に死期が迫ったりした時に大切な「死生学」を分かり易く解説してくれています。

現在の日本では未だに死がタブーとされているところがありますが、

デーケン氏はとても前向きに言い切ってます。

 

「より良く生きるために自らの死について注意深く見つめ、死生学を養う」と。

 

確かに死は誰にでも公平に、必ず訪れるものです。

より良く生きるために、自らの生を輝かせるために、死そのものをタブー視することなく見つめ考える。

仏教にも通じますが、真理だと思いました。

 

 

 

 

蕨 歯医者 小児歯科 矯正歯科なら! 

 

2013年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031