巻子の言霊

2013年11月29日 (金) 21:57

 

 

 

柳原 三佳 氏 著 「巻子の言霊 愛と命を紡いだ、ある夫婦の物語」を読みました。

 

ある日突然、最愛の妻が交通事故の被害者に……。

誰にでもありそうな状況ですが、そのリアリティに引き込まれました。

 

全身麻痺となった妻が、唯一動く瞼を使って綴った言葉は、 「こ ろ し て く だ さ い」と。。。

読んでいた時に背筋が凍りそうになりました。

 

 

「一瞬の事故によって、いったいどれほど多くの人たちの人生が狂わされ、その裏側にどれほどの苦痛が埋もれていることだろう。

そして、人生の中に、ある日突然耐え難い試練が襲ってきたとき、人はそれをどう乗り越え、どう生き抜いて行くべきなのか……」

 

 

真の愛情とは?献身とは何か?を考えさせられました。

 

 

 

2013年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930