ノンメタルクラスプデンチャーの臨床

2014年7月26日 (土) 23:22

 

 

 

金属のバネを使わない入れ歯の講演を聞きに行きました。

 

 

当医院でもインプラントと並び、患者様からニーズの多い入れ歯なので

そのエビデンス、適応症例の確認のために谷田部先生のお話を伺えてとても参考になりました。

 

 

ノンメタルクラスプデンチャーは保険適応の入れ歯と比較して

審美的にも優位なため女性の患者様にもニーズは高いですが、

やはり歯牙の保存を考えた入れ歯の設計が何よりも大切であると

改めて考えさせられました。

 

 

口腔癌の臨床診断

2014年7月19日 (土) 00:57

 

 

 

 

本日も診療後に東海大学口腔外科教授の太田先生の講演を聞きに行きました。

 

 

内容は「これで癌は見逃さないぞ!病態から考える口腔癌の臨床診断」です。

日本は世界一の長寿国であり、また世界有数のがん大国であります。

 

 

がん発生のメカニズムを考えれば、長寿の我が国はこれからもがんへの罹患患者は増え続けるでしょう。

我々開業医が口腔癌の発見のスクリーニングになれるよう症例と共にやさしく解説していただき

とても有意義な講演でした。

 

 

講演後には個人的に様々な質問をさせていただきました。

今医学会を巻き込んでいるがん闘争、「近藤理論」についても伺いました。

がん専門医として日々日常でがんと戦っておられる太田先生らしい

エビデンスに基づいた誠意あるお考えを聞かせていただきました。

 

ダイレクトボンディングセミナー

2014年7月13日 (日) 21:06

 

 

今日診療後、「1日でマスターするダイレクトボンディング」という審美セミナーに行ってきました。

 

 

講師は大学時代の先輩、大谷一紀先生でした。

 

Minimal Intervention。

つまり歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、

本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療法ですが

そのコンセプトに基づいた様々な症例を見せていただき、

また歯牙模型を使ってのデモンストレーションまで見せていただきました。

 

私自身も保存治療専門医としてなるべく歯質を削らずに残す治療を心掛けていますが、

明日からの臨床にとても役立つ、有意義な講演でした。

 

2014年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031