ご予約はこちら

夜と霧

2012年4月2日 (月) 22:33

V.E.フランクル著「夜と霧」を読みました。

著者は、第二次世界大戦中アウシュビッツの強制収容所に入れらていた

ユダヤ人の精神科医であり心理学者です。

自分がいかにして生き延びてきて、周りの人がどのように亡くなって行ったかが書かれているが、

その環境の壮絶で、一度読むことを断念するほど、 凄惨な光景が浮かんできてしまいます。

「人生とは、 各人に課する使命を果たすこと、 日々の務めを行うことに対する責任を担うことに他ならない。」

「生きることそのものに意味があるとすれば、 苦しむことにも意味があるはずだ。

苦しむこともまた生きることの一部なら、 運命も死ぬことも生きることの一部なのだろう。

苦悩と、そして死があってこそ、 人間という存在ははじめて完全なものになるのだ。」(本文より)

このように極限で人間がどう考えるか、どう行動するか、

その理由はどこにあるかといったことが書かれていて

読めば読むほど身につまされ、人というものの本質を突きつけられている。

二度とこのような悲劇を繰り返さないように、戦争を知らない我々の世代、

またもっと下のこれからの世代の方々も

数十年前に起こった事実を、歴史に埋もれさせず、きちんと知ることが重要だと思いました。

蕨 歯科医院 歯周病 インプラントなら!

2 のコメント が “夜と霧” にありました

  1. けんたろー より:

    流石弦間先生です。私もいつか読んでみたと思ってました。

    今度読んでみますね。

  2. ゲンマ より:

    けんたろーさん、コメントありがとうございます。かなり重かったですが、フランクルの別の作品も読んでみたくなりました。あっ、そういえば、昨日はお疲れ様でした。また飲みましょう!

投稿をどうぞ

2012年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ