最新歯科医療で天然歯に近い第2の永久歯を。

インプラント治療とは

歯科インプラントとは、失った歯の代わりに、アゴの骨に直接骨と結合するチタン製のフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着して噛み合わせを回復する治療法です。

人工的に歯の根っこを作り上げる事から「人工歯根治療」ともよばれています。インプラントは生体親和性の高いチタンで造られているため、安心して治療に望んでいただけます。

また、アフターケアをしっかりと行えば、普通の歯と同じような噛み合わせを実現できるのもインプラント治療の魅力です。

インプラント治療のメリット

インプラント治療には、他の治療方法にはできない様々なメリットがあります。見た目も天然の歯とはほとんど見分けがつかないほど美しく、天然の歯に近い咀嚼能力を持つ等、インプラントは患者さんの歯に変わる「第2の永久歯」として活躍してくれます。インプラント治療の機能性を簡単にご紹介したいと思います。

自分の歯と同じように食べる事が出来る。

インプラントは入れ歯と違い、歯の骨にしっかりと固定されるため、通常の入れ歯などでは噛む事のできない硬い食べ物もしっかりと噛みしめて食べることができます。また入れ歯の装着感による不快感等も気にせずに生活ができます。

歯を気にすることなく人前でも笑ったり、話したりすることができる。

入れ歯のように歯に取り付ける金属が見えたり、取り外して清掃する必要もありません。貴方自身の本来の笑顔を取り戻していただけます。

歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけない。

これまでは、失った歯を補うためには治療を行う両端の健康的な歯を削らなければならなかったり、治療後に歯の下の骨がやせてしまったりとデメリットが多いのが現実でした。インプラント治療はそのような悩みを改善した画期的な治療法と言えます。

インプラント治療の流れ

検査・術前計画

まず、レントゲンやCTで十分な診断を行い、歯と歯肉の全てをチェックします。インプラント治療の計画について十分な説明を行い、患者さんが納得した上で治療を選択します。

インプラント植立の手術

歯が抜けたところへインプラントを植立、あごの骨にしっかりと固定されるまで1~2ヵ月待ちます。その間、仮歯も装着できます。




人工の歯の取り付け

インプラントによるしっかりとした土台ができたら、あらかじめ作製した人工の歯を上にかぶせます。




メンテナンス

インプラント治療後は、治療した箇所の調整や今後のお手入れ方法などを指導します。アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一度は定期検診を受けてください。

インプラント専門医による治療

当院ではインプラント専門医による治療を行っています。また、難症例やの骨が著しくない症例などは、東京大学付属病院口腔外科と連携し、症例診断、地域連携での手術をしています。大学病院と変わらない治療を行っておりますので、ぜひご相談ください。

インプラント担当医 西條 英人

平成9年4月 東京大学医学部附属病院分院 歯科口腔外科 入局
平成12年6月 東京大学医学部附属病院 顎口腔外科・歯科矯正歯科 医員
平成15年4月 東京大学医学部附属病院 顎口腔外科・歯科矯正歯科 助手
平成18年11月 東京大学医学部附属病院 顎口腔外科・歯科矯正歯科 特任講師
平成22年1月 東京大学大学院 医学系研究科 外科学専攻 感覚・運動機能医学講座 口腔外科学分野 講師 現職

◆東京大学医学部附属病院 顎口腔外科外来 特任講師 現職
◆日本口腔外科学会 専門医 指導医
◆医学博士

インプラントは医療費控除の対象になります

保険が適応されない自費診療にかかる費用は、決して安いとはいえません。
しかし、自分自身や家族の医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。本人や家族の病気、ケガに支払った医療費は、税金の確定申告の際に医療費控除として所得から差し引くことができます。
医療費控除の詳細についてはこちらをご覧ください。


例)A 年収600万円の人、¥418,000-のインプラント治療を行った場合
¥418,000-¥0-¥100,000=¥318,000
控除額にかかる税金が還付金として返還される
¥318,000×0.3=¥95,400
¥95,400が返金され、インプラントにかかった費用は
¥418,000-¥95,400=¥322,600

また、当院ではインプラント治療にデンタルローンがご利用いただけます。
詳しくはスタッフまでお尋ねください。