ご予約はこちら

「歯ぎしり」は歯周病を悪化させ全身の健康を害する危険あり

2024年6月17日 (月) 08:37

十分に睡眠をとっていても疲れがとれない、しっかり歯の手入れをしているのに歯が痛い……。

そんな人は寝ている間に「歯ぎしり」をしている可能性がある。

そのまま放置していると、歯周病が悪化する危険もある。

 

大阪大学大学院歯学研究科が8000人を対象にした調査では、

小児の約20%、成人の5~10%、高齢者の4~5%に歯ぎしりが見られたという。

歯ぎしりは、体にさまざまな悪影響を及ぼします。

歯が大きくすり減って痛みが生じたり、歯が欠けたり、割れてしまうケースも見られます。

また、歯周病がある人に歯ぎしりがあると、歯周病の進行が加速して悪化する危険が高くなります。

歯ぎしりで歯茎に大きな力がかかり、歯を支えている歯槽骨の吸収が急速に進むためです。

ほかに、顎の痛みや顎関節症、頭痛や肩こりの原因にもなります.

歯ぎしりの対症療法として、『ナイトガード』と呼ばれるマウスピースを作製し、

就寝時に上の歯に装着する方法が一般的です。

歯にかかる力を分散させ、歯の摩耗を防いだり、

歯が欠けたり詰め物やかぶせ物が外れてしまうことを防ぐために効果的です。

マウスピースは歯科医が歯型を取り、患者さんの歯の大きさや傾きなどを確認して、

フィット感を調整しながら作製します。

日常的なストレスを解消したり、生活習慣を見直すことで歯ぎしりが改善するケースもあるが、

根本的な原因を取り除くのはやはり難しい。

歯ぎしりが気になっているなら、まずは歯科医院を受診して相談したい。

6月の休診日

2024年5月24日 (金) 07:25

 

カテキンの虫歯予防効果 ~フッ化物との併用で高まる

2024年5月15日 (水) 15:23

「緑茶に含まれる渋み成分のカテキンを、

虫歯予防に使われるフッ化物(フッ素を含む化合物)と併用すると予防効果が高まる」

そんな実験結果を、東北大学大学院歯学研究科の口腔生化学分野の高橋信博教授が報告した。

これまでに、カテキンが細菌の酸の産生(酸産生)を低下させることを明らかにしているが、

今回、カテキンにフッ化物を組み合わせた場合の細菌の酸産生を調べた結果、

虫歯に関連するミュータンス菌による酸産生は、カテキン単独でも抑えられたが、

フッ化物を組み合わせるとより強い抑制効果があった。

虫歯ができやすい酸性の環境では、この働きがさらに強くなることも示された。

虫歯予防の特効薬はない。歯磨きによるプラークコントロール、

フッ化物の塗布やうがいを励行することや、糖分を頻繁に取り過ぎないことが重要だ。

高橋教授は「かかりつけ歯科医師による定期検診と口腔ケアを受けることも大事。

虫歯が進行すると、自然には治りませんので注意が必要です」と呼び掛けている。

5月の休診日

2024年4月24日 (水) 13:54

 

3~6日までGWのため休診です。

12日は勉強会のため休診とさせていただきます。

 

歯学部生の学生実習

2024年4月11日 (木) 17:26

毎年恒例の歯学部学生の実習講義が4月から始まります。

 

本年度は4/12(金)4/19(金)4/26(金)です。

午前中は通常通り診療致します。

午後は実習指導が終わってから日によって

診療を行ってますので来院される患者様は電話にて確認してください。

 

通院中の患者様には御迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

4月の休診日

2024年3月22日 (金) 09:52

 

21日日曜日は勉強会のため休診とさせていただきます

若年患者増加で厚労省 歯周病検診に20歳、30歳追加 4月以降

2024年3月5日 (火) 07:30

全身の病気リスクに影響する歯周病の患者が若年層でも増えているのを受け、

厚生労働省が4月以降、健康増進法に基づく自治体の歯周疾患検診の対象年齢を拡大し、

20歳と30歳を追加する方針であることが分かった。

切れ目のない歯科検診体制を整えて早期治療を促し、健康寿命延伸につなげる。

現行は、乳幼児期と学齢期はそれぞれ母子保健法と学校保健安全法に基づき歯科検診が実施されている。

歯周疾患検診は40歳から10歳ごとに70歳までが対象で、75歳以上は高齢者医療確保法による検診がある。

20、30代は国費の検診が手当てされていない。

2022年の歯科疾患実態調査によると、歯周病が進行した状態の4ミリ以上の歯周ポケットがある人は

15~24歳で17.8%、25~34歳で32.7%と、05年調査に対していずれも10ポイント以上増えた。

高齢者だけでなく若年層にも歯周病の増加がみられることから、

24年度以降の自治体の歯周疾患検診は、40歳以上と同様に20歳と30歳についても国が費用を補助する。

3月の休診日

2024年2月21日 (水) 16:43

 

3/10(日)は勉強会のため休診とさせていただきます。

 

避難所生活で警戒…「誤嚥性肺炎」

2024年1月23日 (火) 19:32

地震災害時は水はかなり不足します。

非常に貴重な水ですので、それを使って歯磨きをしたりとかができないので、

口の中がずいぶん汚れた状態で生活をすることになります。

そして、歯周病の菌というのは、結構悪玉、つまり毒性の強い菌が混じっています。

これを飲み込んでしまうと非常に治りの悪い、重症の誤嚥性肺炎を起こしてしまうと言われています。

例えばウェットティッシュのようなもので歯の表面を拭いて、そうするとつるっとしてくる。

ヌルヌルした感じが取れたら、それだけのぶんは細菌の数が減っていると考えてもと良いと思います。

歯の表面を拭き取るのは、乾いたティッシュ、そしてハンカチなどの布でも代用できます。

また、誤嚥性肺炎につながる細菌は、入れ歯にも付着していることがあるため、

入れ歯も同様の手入れをしましょう。

そして、口内ケアが必要なのは高齢者だけではありません。

避難生活下では、糖分の多い食事を取ることも多いため、

虫歯や若年性の歯周病を防ぐためにも、子どもの口内ケアも必要です。

忘れがちではありますが、家庭に常備している防災グッズには、

歯磨きや液体のマウスウォッシュを入れておきましょう。

2月の休診日

2024年1月17日 (水) 15:25

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ