ご予約はこちら

オーラルフレイル

2019年7月29日 (月) 19:30

フレイルという言葉を聞いた事がありますか?

年を取れば力が出なくなったり、身体も動かしにくくなります。

そうした状態が重くなり、日常的な生活を営みにくくなると、他の人の力を借りなければならなくなります。

それが「要介護」という状態です。

「フレイル」はこうした「要介護」に至る前の状態であり「健常」である状態から

少し体の機能が下がった状態を指します。

オーラルフレイル(口の虚弱)の人は、そうでない人に比べて「身体的フレイル」になる人が2.4倍、

筋肉量や筋力が低下するサルコペニアは2.1倍、要介護認定になる人も2.4倍で、

総死亡リスクも2.1倍になるといわれています。

口の機能が低下すると、ご飯を食べる量が少なくなる。それに続いて体重が減少します。

それは脂肪の減少だけでなく筋肉量減少も起きます。

この筋肉のうち、姿勢を保ったり、日常的な動きを行うものを抗重力筋と言いますが、

この筋肉が減ると日常的な動きがしにくくなり、基礎代謝も減少します。

そうなると身体を動かすことも少なくなり、おなかもすかなくなるので、結果、食べる量が減ります。

こうなると悪循環に陥ってしまいます。

そうならないようにするためには歯科医院でスクリーニングテストをしてもらい、

現状を知り、口腔(こうくう)内のケア、歯の治療、義歯の調整あるいは、口唇、舌、

飲み込みのトレーニング、お口の健康から始まる全身の健康を保っていきましょう。

2019年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ